美容外科で美しくなる

女の人

コンプレックスをなくそう

美容外科で人気のほくろ除去ですが、一体、どんなメリットがあるのでしょうか。まず、第一に容姿に関するコンプレックスをなくすことができます。目立つ位置にあるほくろを取り去ることにより、以前よりもずっと若く見えたり、明るい印象になったりすることは多いです。除去することにより自分自身に自信を持つことができるので、その後の人間関係がうまくいくようになったりもします。また、ほくろをコンシーラーやクリームファンデーションなどで隠す手間がいらなくなります。なので、毎日の面倒なメイク時間を短縮させることができます。また、ほくろの中にはメラノーマというがん細胞のものがあります。急成長する場合はこのような悪性のものが疑われるので、一度、医師に相談した方がよいでしょう。美容外科でのほくろ除去は短時間で終わるため、忙しくてなかなか時間がとりにくい方でも大丈夫です。具体的にはレーザー治療やピーリングなどで行いますが、それぞれの除去方法の特徴をふまえながら、医師と相談の上、自分にとって最適なものを選びましょう。美容外科は、一般的な病院とは異なり、容姿のコンプレックス解消や、よりきれいになることを目的とする治療を受けるところです。そのため、ほくろ除去以外にも、豊胸やプチ整形、さらには脂肪吸引や脱毛などの治療を受けることができます。クリニックごとに得意とする分野があるケースもあるので、事前に口コミ等で評判を調べたり、ホームページなどで設備内容などをチェックしたりしておくとよいでしょう。また、ほくろ除去などの手術を受ける際には必ず、詳しい説明を聞いておくことが重要です。美容外科クリニックでは、最初にカウンセリングの時間が用意されているので、是非、その時に何でも気になることを相談してみると良いですね。インターネットや電話でのカウンセリングを行っているところもあるので利用してみるのも良いでしょう。費用は保険がきかないため全額自己負担になりますが、保険診療の枠にとらわれない、より仕上がりにこだわった治療が可能です。仕上がりに関する細かいこだわりなどにも対応してもらえます。

男性医師

数々ある治療方法

小さなほくろは何れの美容外科でも炭酸ガスレーザーで取るのが一般的ですが、根が深い場合は傷口をヘコませないため、数回に分けて治療します。境界母斑のほくろは外見が平坦なのに対し、複合母斑はやや隆起が見られ、真皮内母斑は隆起しやすいのが特徴です。

ウーマン

数えると増えるは都市伝説

ほくろは大きく分けると2種類あり、後天性のもので急に数や形状に変化があった時は注意が必要です。除去する場合の費用は、くり抜き法は約3万円、切除縫合法は約9万円、電気分解法やレーザーは大きさによって異なります。

カウンセリング

初めて美容外科を利用する

ほくろは美容外科クリニックで受ける事ができますが、クリニックによって費用や特徴は異なります。事前に情報収集する事が重要であり、その方法としてホームページの活用があります。初めて利用する方にもわかりやすく作られています。

レディ

美容外科での治療の概要

美容外科によるほくろの除去は、カウンセリングから始まります。美容外科で手に負えるか、どのような治療方法が適しているかを医師が判断します。よりよい治療を受けるために、クリニックを選ぶ前には情報収集をしっかり行なうと安心です。

看護師

美容外科を選ぶ前に確認

美容外科クリニック毎に扱っている機器や手術方法は異なりますが、ほくろの状態によっても適した施術方法も変わります。複数の機関で経験豊かな医師からカウンセリングを受ける事で、信頼できる医師と巡り合う可能性が高まります。